FC2ブログ

次へ

HotSomething04.jpg


HotSomething02.jpg


HotSomething03.jpg



無事に展示終了しました。
疲れましたが、大切な事を得られた気がします。
明日から少し落ち着いて考えを整理し、
これからの活動に繋げて行きたいです。

見に来てくれた皆さんアリガトウ。

スポンサーサイト



2006.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

暗くそして明るく

ArtOfWater01.jpg


ArtOfWater02.jpg


ArtOfWater03.jpg


ArtOfWater04.jpg



トラブルもなく展示初日を終えました。
試行錯誤や新たなアイデアが浮かびそうなので、
明日からこの作品の新バージョンを考えたいと思っています。

2006.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Feeling relieved

Carrying01.jpg


突然ですが、今日は登山に行きました。
あまりに荷物が多すぎて、五合目辺りで疲れがピークです。

Carrying02.jpg


やっと今日の宿泊先が見えて来ました…。

…ってのは嘘で、

Carrying03.jpg



Carrying04.jpg


車を借りて、明日から始まる展示会場に作品を搬入しました。
強度的な問題でとても神経を使いましたが、
会場で本番同様水を入れてみて水圧にも負けずに耐えてくれたので、何とか大丈夫そうです。
あとはポンプへの水の逆流と、マイコンへの水の侵入とショートを防ぐだけです。

明日から3日間、Tokyo Zokei University CSホールにて展示されます。
良かったら見に来てください。
なので、作品の全容はここでは明かしません。
見て、体験して、確かめて下さい。

今日は疲れたので寝ます。
明日から3日間が楽しみです。


今日の一冊

BRUTUS (ブルータス) 2006年 6/1号 [雑誌] BRUTUS (ブルータス) 2006年 6/1号 [雑誌]
(2006/05/15)
マガジンハウス
この商品の詳細を見る

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

LightOfBlueWater2006

LightOfBlueWater01.jpg


LightOfBlueWater02.jpg


LightOfBlueWater03.jpg


LightOfBlueWater04.jpg


LightOfBlueWater05.jpg


さっきまでかかり、パーツを組み、何とか形になりました。
早いもので、明日には作品を会場に搬入しなくてはなりません。
展示はあさってからです。
あとはセッティングと細かい微調整が必要ですが、それが上手く行けば、良い作品になるはずです。
明日が楽しみです。

2006.09.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

平和をどこに求めるか…

Acrylic.jpg


Acrylic02.jpg


20060920000342.jpg


20060920000354.jpg


大学の同学科の友人と新たな作品制作を始めました。
構想や試作は以前からしていたのですが、本格的な作業は今日が初めてです。
朝からハンズに行き最終的な素材を探し購入、
作業場が今回は僕の家に決まったので、
そこに場所を移し、さっそく制作に取り掛かりました。

アクリルというとても高価な素材を使って居る為、非常に神経の使う作業をしています。

僕とその友人が共通している事は、子供達にも理解出来て楽しめ、エンターテイメント性に優れたアート作品に興味を持ち、
それを日々模索している事です。
今日、メディアアートっぽい物が子供達の教育用コンテンツに幅広く使われるようになって来ました。しかしまだまだ完成しきれていない。
一方で、その事を皮肉っているアーティストがいる事は事実です。
そんなアーティストからしたら、アートの品位を下げ、
しかも、機械的な作品が与える影響が、子供達の自然離れに繋がる結果となりうる、という事かもしれません。
しかし、アートの敷居を下げて、より幅広い人々に楽しんでもらえる作品を提供する事柄自体が作品の観点というなら、それも一つのアートな訳で、一概にメッセージ性ばかり強める事が質の高い作品とは言えません。
そんな事を考え出したらキリがありませんが、むしろメディアアートは、従来のアートとは全く別の観点で判断しなくてはならないモノなのかもしれません。

人の事を考えるのではなく、自分が思っている通りの表現が出来た時がアートの世界の完成度だとしたら、鑑賞する人がどれだけ自分の作品に介入し、楽しんでくれたかを追求する事がメディアアートだと僕は感じます。エンターテイメント=サービスです。そこにはディズニーランドのアトラクションと相対するこだわりが必要なのです。そこに少しのメッセージを込めれば。
からっぽな考えですが。笑

そんな安易すぎる考えのまま作品制作は続きます。
この作品は最短で、
http://zokei.tk/csf/

↑こちらに展示されます。良かったら鑑賞しに来て下さい。
僕らは会場に居るか分かりませんが。笑




本日の一枚

パンチドランク・ラブ パンチドランク・ラブ
ポール・トーマス アンダーソン、小島 由記子 他 (2003/05)
アーティストハウスパブリッシャーズ

この商品の詳細を見る

2006.09.20 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

ニモの世界

Aquarium03.jpg


Aquarium01.jpg


Aquarium02.jpg


Aquarium04.jpg



先週の土曜日に水族館に行って来たので、その画像をアップします。
海には不思議な生き物がたくさんいますね。
誰がその色に決めたんだよ!とツッコミたくなるほどの色や模様や形。
自然界とは思えないぐらい鮮やかでした。
とても癒されました。

2006.09.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Cross Over Drive

Basketball.jpg


バスケットボールを持った時によみがえる、
中学の時のあの緊張感、
一生忘れません。
全ての制作が終わったら旅行とバスケがしたい。


今日の一枚

コーチ・カーター スペシャル・コレクターズ・エディション コーチ・カーター スペシャル・コレクターズ・エディション
サミュエル・L・ジャクソン (2006/09/08)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

2006.09.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Powers Of Ten

20060906224455.jpg


20060906224521.jpg


20060906224530.jpg


久しぶりに更新します。

今日は朝からレンタを借りて、作品を学校に搬入しました。
その作業が予想以上に早く終わり、
雨の中ドライブに行きました。
本当は箱根彫刻の森美術館とか、熱海のMOAまで行きたかったのですが、
僕の雨男ぶりを存分に発揮した結果、
行けず、
結局、相模原市立博物館に行きました。
そこでビックリした事があります。
博物館とは全く関係ありませんが、
博物館の隣に宇宙科学研究所がある事です。
惑星糸川を調査している無人の惑星探査船『はやぶさ』の管制・操縦を行っているのが、
その研究所です。
そんな偉大な施設が相模原にあるとは思いもしませんでした。

宇宙の事を知った時、
重力のある無いに関係なく、その環境に応じた形があって、
その場の最前の方法で形成された形の面白さを改めて感じます。
人間にとってデザインとは何なのか、
それを宇宙の神秘と照らし合わせ、
考えさせられます。

現にアノニマスデザインという言葉が存在するように,
ただ見た目を拘るのではなく、
利便性だけを追求する事も一つのデザインです。
その方が宇宙の流れに反しない気がします。


明日からまた制作頑張りたいです。


今日の1枚

EAMES FILMS:チャールズ&レイ・イームズの映像世界 EAMES FILMS:チャールズ&レイ・イームズの映像世界
チャールズ&レイ・イームズ (2001/08/24)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る

2006.09.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

ASALOG

uskandart

uskandart


2009年5月

08| 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30