FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

いつから素直に見れなくなるのか

kwswMH.jpg


きょうはゼミで学校に行きました。
なんか梅雨っぽい蒸し暑い一日でしたね。
ゼミでは、
脳が作り出す様々な現象、
錯覚・錯視などの研究をし、それらをアートに活かせないかという様な事をやっています。

今日は何故か蓄音機を作りました。

人間の脳が引き起こす現象で有名でおもしろいものを紹介します。


sakkaku.gif




ハーマングリッド効果です。
上の図の、白の帯の交差点に灰色の点や影が見えて来る現象です。
これをハーマングリット現象と言います。
これは明度対比の一種で、脳が、認識不能になった情報を無理矢理修正して起きる現象です。

現在、アニメーションでこのような効果はいくらでも作れるので、WEB上で見てもあまり驚かないかもしれませんが、実際に制御するものが何もない、ただ一枚の図を見ただけでも、このように見えるのはスゴい事です。
人間の脳は正確とは言えないという事を体験出来る良い現象だと思います。
そして、眼に頼りすぎる事が恐いのではなく、眼で見た情報を脳が経験や知識を踏まえて勝手に情報修正して、認識してしまう事が恐いのです。デッサンでも同じような問題に僕は打ち当たったのを思い出しました。
子供の絵が素晴らしいのは、まだまだ経験が根付いていない為だと僕は思います。
あまり関係ありませんが、
色も誰かが赤は『赤』、青は『青』と決めたから、それらの色はその色の訳で、色盲検査は何の意味も無い事を感じました。
余談ですが、
僕は小学校の色盲検査で引っかかり、眼科に行くたびに、
『生活には支障ありませんが、パイロットにはなれないよ』
といつも言われショックを受けていました。
何故、ただ一色見分けが付かないだけで、そんな事を言われなくてはならないのでしょうか。

スポンサーサイト

2006.06.11 | | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-06-15 木 02:46:40 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

ASALOG

uskandart

uskandart


2009年5月

10| 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。